この3月から、エファタでもリモートワークを積極的に活用し、原則リモートワークの社員が増えました。
私もその1人です。

そこで、リモートワークを増やした背景や(もちろんCOVID-19ですが)、実際にリモートワークを行った所感などをまとめていきます。
(ところで「リモートワーク」という言葉は、在宅勤務やレンタルオフィス、スタバでMacを広げる等々、色々なスタイルを含めたものだと思いますが、この記事では主に在宅勤務を念頭に置いてリモートワークという語を用います。)

リモートワークと新型コロナウイルス COVID-19の影響

エファタは元々リモートワークの制度があり、一部の社員は普段からリモートワークをしていました。
とは言え、基本的には殆どの社員が出社し、リモートワーク中心の社員も週に1,2日は出社するという運用でした。

ところが、2月からでしょうか、新型コロナウイルス COVID-19の影響が拡大してきました。

エファタでも、通勤中の感染や社内にクラスターが発生することを避けるため、積極的にリモートワークを活用しようという動きがあり、私はたしか3月はじめから原則リモートワークになっています。
ちなみに2月後半は時差通勤をしていました。

他の社員も、本人の希望を聞きつつ、電車通勤の人の殆どが原則リモートワークになりました。

(エファタではやっていませんが、聞くところによると、巷では社員同士がZoomやSkypeをつないで遠隔ランチをしたり、Zoom飲みなるものも行われているそうです。昔、学生時代の先輩同士が、全く離れた転勤先でSkype飲みをしていたのを思い出します。)

リモートワークの効率

ただ、正直リモートワークが本人や会社にとってより良い結果をもたらすのか、というのは本当に人や会社によると思います。
以下では、この2,3週間リモートワークをして感じたことを整理します。

リモートワークの利点

個人的には、主に以下のような点でリモートワークは気に入っています。

  • 通勤時間を自分のプライベートに使える
  • 1人で集中して考えられて業務効率がいい
  • 帰宅時間0分だから忙しいときに仕事を伸ばしやすい
  • 昼休みに家事ができる

また、会社にとっても、長期的にリモートワークを行えば定期代等を削減でき、場合によってはオフィスや設備も縮小できる点で大きな利点があります。

リモートワークの欠点

欠点というほどではないかもしれませんが、客観的に考えてやはり何点か気になることもあります。

  • 指導や相談のハードルが上がる
  • コミュニケーションや雑談が減る
  • 人によってはプライベートとの切り替えが難しい
  • 管理職は社員の評価が難しい
  • 1,2人だけリモートだと疎外感がある

どれも一般的に言われていることです。
しかし、これらの点についても体制さえ整えて運用に慣れてくれば、「指導・相談」の点を除けば意外とクリアできると感じています。
実際、エファタでも積極的にリモートワークを活用し始めた当初は少し戸惑ったものの、現在ではかなりスムーズにできていると思います。

個人的には、業務に関してたまに同僚と他愛もない雑談をするのも、ちょっとした楽しみの一つなんですが、これが減ることでどのような影響が出てくるのかは未知数です。

社員の評価も分かりませんが…笑
ただ、私も何人かのインターン生と一緒に仕事をしていますが、皆さんよく頑張っているのは上がってくる成果から分かります。

最大の課題は指導と相談

リモートの最大の課題は、社員同士の相談と、部下やインターン生の指導でしょう。

様々なツールでビデオ通話や画面共有での説明などは十分可能になっていますが、カメラやPCの画面だけではどうしても表現しきれない場合もあります。
デジタルでやり取りしている以上、現場で共有しているのとは勝手が違います。
同じやり取りができても時間がかかってしまうということはあり得ますし、ディスカッションでの発言のハードルは上がるように感じています。

また、なにか相談したいとき同じオフィスで「ちょっといいですか?」と始めるのと、何らかのツールを用いて、相手を呼び、話すのとではやはり違う点があります。
もしかしたら、同僚となら「ちょっと通話で」と言える相談も、インターン生や部下からは少し心理的ハードルが高く、「わざわざ通話に呼ぶくらいなら自分でもう少し…。」と尻込みしてしまうかもしれません。

長期継続的なリモートワークでは、かなりの重要課題だと考えています。

リモートワークは定着するか

COVID-19以前からですが、なぜ企業にリモートワークが定着しないのか、ずっと疑問に感じていました。
外に出て営業する場合は仕方ありませんが、会社でパソコンに向かう場合であれば、そのパソコンの場所が自宅やレンタルオフィスになっても、やることは変わりません。
苦労して満員電車に揺られる必要はないわけです。

リモートワーク定着に必要なこと

継続的にリモートワークを行う場合、従前会社で顔を合わせて行っていたことをリモートでも問題なく行えるようにする体制整備が必要になります。

例えば、エファタでは大きめのミーティングで付箋をよく使います。ミーティングを効率よく有意義なものとするため、実際に書く時間を取ることで口頭では出てこない思考を引き出したり、後から議論を整理しやすくする狙いがあります。
しかし、リモートで全く同じ目的を達成することは難しいでしょう。
ここで「やっぱりリモートはダメだね」となるともったいないです。

ミーティングを例に取れば、付箋を使うのはそもそも「効率よく有意義なものとするため」です。
したがって、本来の趣旨に立ち返り「効率よく有意義」なミーティングは、リモートではどのような手段で達成できるかを考えればいいのです。
もしかしたら、そこから従前より良い方法が見つかるかもしれませんし、新たな問題を発見できることもあるでしょう。

このように、一つ一つの業務の趣旨から考え直す意識を持つことで、はじめてリモートワークを定着させる土台ができると思います。
既存のやり方からそのままリモートワークに移行しても、長期間継続していればいずれ綻びが見つかります。

リモートワーク定着には、管理職から社員まで、全体での意識を変える必要があるのかもしれません。

働き方の選択肢としてのリモートワーク

黒船に開国を迫られたごとくCOVID-19によってリモートワークを迫られた企業が、今後リモートを定着させながら更に効率化と社員の充実を実現できるか、或いはやはりリモートを諦めて従来の体制に戻るのか、一概には言えません。

企業の業務内容、社員の考え等々に左右されるものではありますが、働き方の選択肢を増やすことは良いことだと思います。
自由な働き方を実現する意味でも、リモートワークが日本の企業に定着していくことを期待しています。

サイト内検索

新着ニュース

新着記事

カテゴリーリスト

アクセス

当社所在地
エファタ株式会社
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-40-12
ユニゾ高田馬場ビル8階
TEL:03-5937-4471
FAX:03-5937-4472
受付時間 9:00〜18:00(平日)

お問い合わせボタン

こちらよりお気軽にお問い合わせください。
TEL
03-5937-4471
03-5937-4471
Webよりお問い合わせのかたはこちらから