絵文字は近年、Unicode などに組み込まれたとによって広く使われるようになりました🤘
適切に使うことでリッチな表現力と親しみやすい雰囲気が得られるため、とても良い機能だと思っています🙂

WordPress では Version.4.2 から絵文字の使用が可能になりました🎉

利用可能な絵文字 👌

詳しくは下記のリンクをご参照ください。
絵文字 – WordPress Codex 日本語版

絵文字は日本で生まれた、WEBページやEメールで使用される表意文字や顔文字です。

今や絵文字はモバイル端末からデスクトップPCまで、世界中の幅広いデバイスで表示することが出来ます。

絵文字へのアクセス方法はオペレーティングシステムごとに異なります。ここで紹介するアクセス方法は WordPress だけでなく、ほとんどのアプリケーションで動作します。

WordPress では標準で OSS 絵文字の Twitter Emoji(以下,Twemoji) が使用可能です。
他にもプラグインなどで読み込むのなど、絵文字の利用方法はいくつか存在しますが、絵文字の表示自体は標準の機能だけで問題ありません👌

Twemoji 🐣

Twemoji
Twemoji は標準のUnicode 絵文字サポートするライブラリで、 HTML 上の絵文字に該当する文字コードを自動で絵文字に変換してくれます💪

Twemoji v12.0 では 3,075 種類の絵文字が利用可能です。
3000種類以上という数字はかなり多く感じますね🤔
しかし、そのほとんどは国旗 🇯🇵 や記号✅、各絵文字のカラーバリエーション👍👍🏻👍👍🏽👍🏾👍🏿が占めています。

公共性の観点から多くのバリエーションに対応しているのも Unicode 絵文字の魅力の一つですね✨

絵文字の使用をサポートしてくれるプラグイン 💿

Windows, Max OS からの投稿エディターへの絵文字入力は少々手間がかかるのではないでしょうか🤔
Emoji Autocomplete Gutenberg を導入すれば、’:’を入力すると候補が表示されるようになります(チャットサービス「Slack」での絵文字機能と使用感が似ています)

emoji-autocomplete-gutenberg

絵文字の今後:Unicode 12.0 で追加された絵文字など 🥱

Unicode 12.0 では200種類以上の新しい絵文字が追加されました🎉
Flamingo(フラミンゴ)🦩やYawning Face(あくびをする顔)🥱 ,Kneeling Person(跪く人)🧎などです。
Unicode Version 12.0 で追加された絵文字

今後、より絵文字の表現力は増していくと思います。WordPress 内でもぜひ利用されてはいかがでしょうか🦸

余談:動物の絵文字🦦

こちらも Unicode 12.0 から追加された絵文字である Otter Emoji(カワウソ)🦦ですが..どうも僕にはラッコに見えます🦦🦦🦦

動物の絵文字はイラストを提供している団体それぞれの解釈が伺えて興味深いです🧐

ちなみに、Bird Emoji(鳥)🐦などは特に差が激しいです。各社、思い思いの鳥の絵で表現しています。
🐦 Bird Emoji

サイト内検索

新着ニュース

新着記事

カテゴリーリスト

アクセス

当社所在地
エファタ株式会社
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-40-12
ユニゾ高田馬場ビル8階
TEL:03-5937-4471
FAX:03-5937-4472
受付時間 9:00〜18:00(平日)

お問い合わせボタン

こちらよりお気軽にお問い合わせください。
TEL
03-5937-4471
03-5937-4471
Webよりお問い合わせのかたはこちらから