WEBマーケティング事業

>


Laptop

当社のWEBマーケティング事業は、以下の3つのサービスで構成されております。

  1. SEO/SEMコンサルティング
  2. 士業特化型WEBマーケティング
  3. ネット誹謗中傷対策・逆SEO対策サービス

ホームページ制作とSEO対策を両方できることを強みとし、ネットによる集客サポート。問い合わせ増を行います。

更に、逆SEO対策によるブランド価値の向上と保守を行います。

ネットによる集客増、業績拡大と共に、WEBブランド価値向上のコンサルティングを行っております。

SEOコンサルティングに関してのご説明

mouse and word SEO - internet search optimization concept

SEOについて

SEO とは、「検索エンジン最適化(search engine optimization)」や「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」の頭文字です。

ユーザーは、商品やサービス、お店をインターネット上で探す際に、YahooやGoogle等で検索を行います。検索エンジンはWEBページの窓口であり、検索結果上位で表示されて初めて価値が存在します。戦略キーワード(頻繁に検索される検索キーワード)で、検索結果1ページ目(10位内)、更には、5位以内に表示されて初めて価値を存在します。

SEOコンサルティングは、どういった戦略キーワードで検索結果上位に表示させるかといった分析から、上位表示の施策・対策まで行います。

内部SEOと外部SEO

SEO対策の施策には、大きくわけて2つの施策が存在します。それが内部SEO対策と外部SEO対策です。

内部SEO対策とは

自社が持っているホームページが、検索エンジンに理解しやすくするように対策する施策です。具体的には、情報設計、デザイン、導線設計、タイトルの最適化、H1タグの付け方、ディスクリプションの書き方等を最適化させます。

外部SEO対策とは

GoogleやYahooは、外部の価値あるサイトからリンクがいくつかかっているかで検索順位を評価します。
当社は、多くの分野におけ有力なサイトを多数保持しており、そこから適切な被リンクをかけて、検索上位に表示させます。

得られる効果

お客様のお持ちのホームページに内部・外部SEO対策を施し、検索結果の上位に表示させることでクライアント様のホームページのアクセスを増やし、ビジネスチャンスを拡大させます。

作為的な有料リンク等を行わず、ユーザー視点からみて必要なHP制作はどうあるべきかをコンサルティングしております。

実績・最新アルゴリズム対応

Googleは、近年以下のようにロジックを改良してきました。

  • パンダアップデート(Panda Update)(2011)

概要:コンテンツ品質評価を重視しました。コンテンツ自体がオリジナリティがあるか、単にキーワードを多数盛り込んだサイトは価値がないと判断するようになりました。

  • ペンギンアップデート (Penguin Update)(2012)

概要:相互リンクサービスや、関連性の低いサイトからのリンク、WEBスパムを排除いたしました。自作自演のリンク付の終焉の時代が到来しました。

  • ハミングバード(Hummingbird)(2013)

概要:音声検索による口語調の検索クエリ対応です。スマートフォンの普及で、音声検索が本格的に普及してきており、検索者の意図をくみ取り最適な検索結果を表示するようになりました。

上記の検索エンジンの変化に対応できずに、脱落するSEO業者が多い中、弊社の本質をとらえたSEO対策はさらに真価を発揮し、むしろ検索結果の上位に表示させることに成功しています。

大切なことは、こういった検索エンジンの変化に対応できる情報力・技術力をそのサービス提供会社がもっているかということで、エファタ(株)は常に最新情報をキャッチし、一歩先を行くSEO対策開発を進めております。

当社のWEBマーケティングとは

単に検索キーワードで上位を取ることが目的ではなく、WEBを使った営業強化、売り上げ増を最終ゴールとしております。

そのために、顧客増加に繋がる必要なキーワード分析を最先端の手法を活用して行います。

加えて、SEO施策による上位表示。更には、WEBにおけるブランド強化をご提案してまいります。