Google関連検索キーワード/Yahoo虫眼鏡対策サービス

>


関連検索ワード対策・逆SEO総合サービス「SmartGlass」提供中!

cropped-8832a49bd76af8d328a692bc027dc3db

Yahoo!Google関連検索キーワード表示の仕組みは?

会社名やサービス名を検索すると、「ブラック、詐欺、2ch、2チャンネル」など関連キーワードとして登録されるようになりびっくりした。そんな苦い経験はないでしょうか?

GoogleとYahoo!関連検索の表示の仕組みは若干異なりますが、共通部分は、基本検索ワード+関連検索ワードで一定量のボリュームで検索されると関連が強いと認識され、表示されるようになっております。以前は、この仕組みを業者が利用し、Yahoo!に限っては、システム的に大量に検索をかければ登録は簡単に行えました。

しかし、2010年から立て続けに、ヤフーがこういった意図的な行為を検索スパムとして厳しく取締りに乗り出しております。日々、ロジックの改良と棚卸(スクリーニング)をおこなっており、2014年現時点で、システム的な登録は非常に難しくなっております。Googleは、関連検索ワードの検索ボリュームに加えて、ページのインデックスを見て総合的に判断しております。

しかし、昔の抜け穴時に登録されてしまったネガティブな関連キーワードが、放置され続けられており、何らかの対応が求められます。

関連検索ワードの削除ができるのか?

yahooは削除申請フォームを用意しており、表示されているワードが名誉棄損の内容、事実無根のワードの場合、申請による削除は可能です。関連検索ワード以外にも、誹謗中傷ブログ、掲示板、サイトも削除可能です。

当社削除実績一覧
・関連キーワード
・誹謗中傷ブログ
・名誉棄損wiki
・やらせ質問サイト
・最大掲示板 などなど多数

ただし、評判や2chといったサービス名や一般名称だけではな、削除自体に無制限に膨れ上がるので、検索エンジン側が対応しない可能性があります。その場合の対策のため、当社は、貴社の営業強化・風評被害対策、虫眼鏡SEO等、SEOコンサルティングサービス(関連検索ワードとSEO対策)を提供しておりますので、是非ご活用をご検討下さい。

参考サイト:関連検索ワード削除

解説

Yahoo!関連検索ワード対策サービス提供にあたり

ヤフー(Yahoo)関連検索ワードの否定的キーワード(ネガティブワード)表示による風評/悪評被害対策・削除サービスを8年前からおこなっております。謂れなきネットでの風評被害は、受けた人しか、気持ちはわからないものです。弊社はそういう方々を助けたいという思いでサービスを立ち上げました。
特に、検索結果トップに表示される、Yahoo!関連検索ワード(虫眼鏡検索)、Google関連検索キーワードに対しての対策と削除に、多くの実績と他社と差別化する強みを持っております。

関連キーワード対策

お客様が関連検索キーワード対策をしたい理由

①商品PRのため

御社名+新商品名(サービス名)が、関連キーワードとして登録されると、ユーザー側に告知されやすくなります。
新サービス用の新サイトを作成した場合、検索順位はあがりませんが、効果的に検索順位を関連検索ワードとからめれば、広告効果は大きなものと考えるからです。

②SEO対策のため

他社によって、SEO対策が徹底的にとられた基本ワードで、検索順位を引き上げるのは大変です。
しかし、こういった対策された基本検索ワードに関連キーワードを表示できると、次の検索サイトでは自社サイトを効果的に表示することができます。関連キーワードにはそういった、SEO対策の効果が見込めます。

③風評被害対策のため

特にこの理由が多いです。個人名、会社名、商品名の関連キーワードに否定的なキーワード「倒産、ブラック、評判、欠陥、詐欺」という文字が検索結果に関連キーワードとして表示されていたら、閲覧者はどう感じるでしょうか?

「火のない所に煙はたたないだろう」という思いがわき、全部は信用しないまでも「何かあるのかな?」と色眼鏡で見るような深層心理が働きます。
ブランド価値を築き上げるのは何十年もかかりますが、崩れるのは一瞬です。
長年構築してきたブランド価値が、謂われなき悪評によって、棄損するのは決して放置すべきではありません。
ライバル企業や被害妄想にかられた人が、意図的にブラックワードを関連キーワードとして載せることもないとは言えません。
ブラックワードの関連キーワードを放置すると、ジワジワとブランド価値が損なわれていきます。削除は一刻も早いほうがよいのです。火は気づいた時に消火するのが簡単です!人間は、ネガティブなネタが好きなのも事実です。よって、総利用時間によるドメインランキングTOP10に2chは、常に上位をしめています。

2ちゃんねるは、一部の方が観ていると思いがちですが、人は、「風評や悪評」に敏感な性格を持っています。「風評や悪評」は、意図的に作ることができます。これがネット社会の怖い所であり、関連検索ワードも利用されます。一旦ブラックワードが表示されてしまうと、他の方から興味本位でクリックされてしまいます。そうなると手が負えなくなります。気付いた瞬間すぐ消去すれば消すことも容易ですが、長らく放置すると消去するのも時間がかかります。

SEOとは

GoogleのHP上では以下のように書かれています。

SEO とは、「検索エンジン最適化(search engine optimization)」や「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」
の頭文字です。
SEO 業者を利用する決定は、サイトの改善と時間の節約につながる可能性がある一方、サイトと自身の評判にダメージを与える
恐れもある重大な決定です。SEO 業者を利用するメリットと無責任な SEO 業者によってサイトに生じる損害について必ず確認する
ようにしてください。多くの SEO 業者や他の代理店、コンサルタントでは、次のような役立つサービスをウェブサイトの管理者に提供しています。

サイトのコンテンツや構成の見直し
ホスティング、リダイレクト、エラー ページ、JavaScript の使用など、ウェブサイトの開発に関する技術的なアドバイス
コンテンツの開発
オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
キーワードに関する調査
SEO のトレーニング
特定のマーケットや地域に関する専門知識
当社は、長年のSEOコンサルティングの実績を誇っており、Googleのガイドラインを重要視しております。
作為的な有料リンク等を行わず、ユーザー視点からみて必要なHP制作はどうあるべきかをコンサルティングしております。

SEO対策とは

せっかく素晴らしいサイトを作成しても、アクセス数が少ないと効果的なマーケティングを行うことはできません。
そのために欠かせないのが、検索結果に上位に表示されることです。
キーワードを詰め込んだり、有料リンクを買ったりとすると逆にペナルティーがかかり圏外になってしまいます。
検索会社が推奨する方法を適切に行い、上位に表示される必要があります。
弊社は10年以上、このSEO最適化に取り組んできており、対策をおこなってきました。是非ともご相談下さい。
効果的な被リンクとは何か?データ分析に伴い、効果的に行います。

ネット風評被害と逆SEO対策

一方で、インターネットがここまで普及してきた時代。
ネット上の誹謗中傷や風評被害が企業の価値やブランドを傷つけてしまうケースが多発しております。

例えば、検索エンジン上で企業名や個人名を検索した結果ページに、ネガティブな関連キーワードが出されると営業的な問題が生じます。
これらを放置したままにしておきますと、営業活動はもちろんのこと採用活動などの障害となり、企業様にとって多くの被害が出てしいます。

ネット上での風評被害を守るための多くの(法的/技術的)サービスを提供させて頂いておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
特に、プロバイダ制限責任法を起点に、提携している弁護士と協議しながら対策をご一緒にご検討させていただきます。
裁判所の判断を仰ぐ必要があるように感じられますが、その前に、多くのケースがプロバイダ制限責任法によりサイト対策が行えます。

検索結果のネガティブサイトには逆SEO対策

ネガティブサイトに対抗するには、自社のブランドを知ってもらう協力なブランドサイトを多数立ち上げていくことが重要です。他のネガティブなサイトが出てこない体制づくりコンサルティングをしながら、推奨しております。

目指すゴール